甲南女子大学|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

大学案内

学部・学科・研究科及び専攻の教育目的等

文学部

文学部の人材育成に関する目的

人間が作り上げ育ててきた文化・言語及び文学・芸術に対する深い関心と幅広い教養を身につけ、さらに日本語・外国語の運用力を修得し、円滑な人間関係を形成するコミュニケーション能力と各自の個性の発現である自己表現力を持つ人材を育成する。

文学部の教育目標

  1. 日本及び外国の文化・芸術・社会に対する知識を涵養することができる。
  2. 日本語及び外国語を高度に習得することができる。
  3. 多文化社会を理解し、異文化間コミュニケーション能力を身につけることができる。
  4. ボランティアなどの地域貢献及び社会貢献活動を理解することができる。
  5. 制作及び実践を通じて多様な表現及びメディアを理解することができる。

日本語日本文化学科の教育目標等

  1. 日本語と日本文化に関する広く深い教養を身につけ、それを国内外問わず日本語と日本文化に興味を持つ人々に伝えることができる。
  2. 日本語を用いてのコミュニケーション能力を涵養し、あらゆる人々と書記言語でも口頭言語でも状況に応じた表現能力を身につけることができる。
  3. 相手の立場になってもてなすことのできる、ホスピタリティ精神を身につけ、人間相互の心の通った交流を行うことができる。
  4. 自己学習能力を身につけ、自らの力で新たな日本語や日本文化の動向を理解し、学際的にも応用する能力を身につけることができる。
  5. 過去から未来へと続く日本文化に育まれた精神を見据え、それを踏まえて、現代日本で生まれた新しい文化素材を国際的にも発信することができる。

英語文化学科の教育目標等

  1. 英語の専門的技能と英語に関する知識を踏まえ、英語による自己実現が可能な高いレベルの英語コミュニケーション能力を身につけることができる。
  2. 外国語学習に主体的に関わる自律的な学習者としての態度を持って自己形成を図ることができる。
  3. 協調的な学習や活動を通して、ホスピタリティの精神と社会的コミュニケーション能力を身につけることができる。
  4. 言語、文化に関する専門領域の実習、研究、演習を通して、批判的思考力、論理的表現力を身につけることができる。
  5. 人間の言語と文化に対する理解を踏まえ、自己の文化を相対化すると共に、文化的差異に対して肯定的、寛容的な態度を身につけることができる。

多文化コミュニケーション学科の教育目標等

  1. コミュニケーションツールとしての英語をはじめアジア、中南米、欧州の言語の運用スキルを取得し、国際的なコミュニケーション能力を身につけることができる。
  2. グローバルな視点に立って異なる文化、異なる社会を理解するための基盤となる、地域社会、地域文化、日本との関係についての幅広い知識を身につけることができる。
  3. 国際コミュニケーション・スキルと多文化理解のための知識を備えた上で、異なる社会のなかで実際に活動するためのノウハウを身につけることができる。
  4. 人権や生命を尊厳し、異質なものを理解し、受容する態度を身につけ、多文化共生社会実現に貢献する力を身につけることができる。

メディア表現学科の教育目標等

  1. イメージを形象化して伝達するための思考方法、及びコンピュータなどを利用した表現技法を学ぶことができる。
  2. グラフィックデザイン、写真、アニメーション、映画、広告などの視覚文化領域に関する基礎的な知識と制作方法を学ぶことができる。
  3. 視覚メディアをめぐる文化的社会的環境の変化に対する理解と批判能力を身につけることができる。
  4. 「基礎」、「発展」、「応用・発表」に区分して段階的に習熟させる教育課程を採用し、理論と実践を有機的に連結させ、ゼミ活動を重視した実践的教育を行うことができる。
  5. 学内に設置したギヤラリーなどの展示空間において、作品、研究成果の発表を行い、評価を他者に求めるべく能動的な表現活動ができる。

ページトップへ

人間科学部

人間科学部の人材育成に関する目的

現代社会に生きる人間を理解し、よりよく生きるために、人間とその環境の多様性・複雑性を科学的・総合的に探求し、社会に生きる人間に関わる現実的な諸課題・諸問題に実践的に関わり、解決していく人材を育成する。

人間科学部の教育目標

  1. 幅広い教養と専門的知識とともに豊かな人間性を身につけることができる。
  2. 人間とその環境に関わる多様な学問分野における情報や概念を活用し、多様な観点から情報をあつめ、論理的に分析する能力を身につけることができる。
  3. 断片的な情報を知識として組織化するとともに、知識を把握する方法を理解し、個別的な課題や問題にそれらを応用する能力を身につけることができる。
  4. 個別的で多様な人間の生き方を理解し、それらを尊重したコミュニケーションができる能力を身につけることができる。

心理学科の教育目標等

  1. 現代社会における人間理解のために自然科学的アプローチと人文社会科学的アプローチの両面において幅広い視野の教養と専門的知識を身につける。
  2. 人の心にかかわる幅広い問題を科学的に扱うための論理性や批判的思考の能力を身につける。
  3. 人間の心理学的理解のための各領域における心理学的知識を組織的・体系的に理解し、実践的問題に利用する情報処理能力と科学的、かつ実践的コミュニケーション能力を身につける。
  4. 現代社会におけるさまざまな心の問題を人間の心の基本的心的メカニズムの知識をもとに位置づけ理解し実践的に対応する能力を身につける。

総合子ども学科の教育目標等

  1. 人間への豊かな感性と想像力をもち、未来を担う子どもの幸福、子どもの発達や教育、子どもを育む健全な社会・文化等について、自ら考え判断し行動できる市民及び家庭人、また「子ども」について学んだ知識を生かして、子ども関係の企業・行政・施設・事業等で働く人材を育てる。
  2. 幼児について専門的に学び、保育士資格や幼稚園教諭免許を取得して、保育所及び児童福祉施設、幼稚園等で教育保育に携わる人材を育てる。
  3. 学校教諭免許を取得して、小学校で子どもの教育に従事する人材を育てる。
  4. いずれの教育目標・コースにおいても、基礎には「人間力」すなわち「人とかかわる力」及び「環境へ働きかける力」が必須であり、これはとりわけ少人数指導を通して養う。

文化社会学科の教育目標

  1. 社会と文化に関する幅広い教養と専門的知識を獲得するとともに豊かな人間性を身につけることができる。
  2. 文化とその社会環境に関する情報を幅広く収集し、社会学の概念を活用して、論理的に分析する能力を身につけることができる。
  3. 社会的文化的情報を収集・分析し、知識として組織化する方法を理解し、現実の個々の課題や問題に対して、身につけた方法を応用する能力を身につけることができる。
  4. 文化的社会的情報の収集・分析の方法にたって、自己をとりまく社会における自身の生き方を理解し、この理解を通して自己を表現するコミュニケーション能力を身につけることができる。

生活環境学科の教育目標

  1. 幅広い教養と、洞察力をもって、現代の生活環境に適応できる柔軟性を身につけることができる。
  2. 効率性を最優先する現代社会の中で、日本の伝統的な生活文化を尊重し、すてきな生活空間を演出しながら、豊かなライフスタイルを確立することができる。
  3. 快適な生活環境を創造し、心身の健康を保持するための、合理的、かつ科学的な思考力を高めることができる。
  4. 溢れるメデイア情報のなかで、専門的な知識と技能を身につけた、かしこい生活実践者として、未来を切り拓く能力を磨くことができる。
  5. 国際都市・神戸の女子大学として、洗練されたおしゃれな生活感覚で社会をリードし、かつ未来に貢献できる能力を涵養することができる。

ページトップへ

看護リハビリテーション学部

看護リハビリテーション学部の人材育成に関する目的

豊かな人間性を培い、高いヒューマンケアの視点で看護及びリハビリテーション領域の専門職者としての実力を備え、医療及び保健福祉の分野で、看護学科は看護師、保健師、助産師及び養護教諭として、理学療法学科は理学療法士として、地域社会及び国際社会において活躍できる人材を育成すること。

看護リハビリテーション学部の教育目標

  1. 幅広い教養、倫理的態度、コミュニケーション力及び豊かな人間性を身につけることができる。
  2. 科学的な専門知識及び技術に基づき判断・実践し、問題を解決することができる。
  3. 医療、保健、福祉、教育などの分野の人々と連携・協同し、自らの役割を果たすことができる。
  4. 自学創造の学習態度、生涯学習の姿勢を持ち、自己の専門領域を学術的に探求することができる。
  5. 専門職者としての国際化・情報化へ対応することができる。

看護学科の教育目標等

  1. 幅広い教養を身につけ、人権や生命の尊厳について深く理解し行動ができ、コミュニケーション能力のある豊かな人間性を身につけることができる。
  2. 看護の専門的知識・技術を学び、あらゆる人々の健康増進、疾病予防から社会復帰、社会参加まで、医療、保健・福祉施設及び教育施設、地域社会などにおいて科学的根拠に基づく判断と看護実践をすることができる。
  3. 看護職者として、医療、保健・福祉及び教育など幅広い分野の人々と協同して、社会の変革を推進するコラボレーション能力を身につけることができる。
  4. 自己学習能力を身につけ、臨床・教育の場、地域社会の変化に対応した看護学を学術的に探求できる基礎能力を身につけることができる。
  5. 豊かな国際感覚を身につけ、看護職者として将来国際的に貢献することができる。

理学療法学科の教育目標等

  1. 生命に対する深い畏敬の念と倫理観に満ち、人を総合的に把握し理解できる幅広い教養のある豊かな人間性を身につけることができる。
  2. 理学療法の専門的知識と技術を習得し、急性期医療から地域ケアにいたる課題を科学的根拠に基づいて探求することができる。
  3. 理学療法の専門性に基づいて、広く全般的な相互理解を深め、保健医療と福祉の連携・協力に向けて、その能力を発揮し中核的な役割を果たすことができる。
  4. 自己学習能力を身につけ、新たな知見・技術の開発に貢献し、社会変化に対応した理学療法の専門性を探求することができる。
  5. 国際交流の場において、様々な国の人・文化を理解し、理学療法の専門職者として国際的な視野をもって活躍することができる。

ページトップへ

医療栄養学部

医療栄養学部の人材育成に関する目的

知性と品格を磨き、他者を思いやる豊かな人間性と倫理性を養うとともに栄養学の知識と実践力を修得する「全人栄養教育」を理念に掲げて、医療をはじめとする幅広い栄養学関連分野で管理栄養士として、地域社会において活躍する人材を育成する。

医療栄養学科の教育目標等

  1. 食環境・食文化を含めた食に関わる幅広い知識と技能を修得することにより、栄養学の概念を論理的かつ科学的に理解している。地域社会における、健康の維持・増進、疾病の予防・療養、高齢者の低栄養・介護予防に必要な栄養学及び関連学問分野の知識と技能を修得している。医療に関わる専門職業人に必要とされる栄養学及び関連専門分野の知識と技能を修得している。
  2. 栄養と健康に関して、科学的根拠に基づいた論理的な思考ができる。 予防医学・治療医学の観点から、栄養が関わる諸問題を解決し、地域・医療・福祉における栄養管理・栄養改善を実践できる。医療栄養学に関する知識と技術を応用発展させ、すぐれたコミュニケーション能力を持つ栄養管理の専門職業人としてチーム医療に貢献できる。
  3. 地域・医療・福祉における栄養管理・栄養改善に、社会的な責任のもとに取り組む意欲をもつ。職業倫理を基盤として、医療を中心とした栄養学及び関連学問分野を生涯学び続ける強い意志をもつ。
  4. 地域・医療・福祉の分野における多様なニーズに対応できる最新の栄養学知識と応用技能を学び、「全人栄養教育」を実践できる栄養と食生活の専門職業人として、主体的に課題を見出して解決する能力を身につけている。臨床現場に対応できる最新の医療栄養学の知識と技術を学び、常に自己を研鑽し続ける姿勢と能力を身につけている。

ページトップへ

大学院人文科学総合研究科

大学院人文科学総合研究科の教育目的

言語学・文学、心理学・教育学、社会学・地域文化研究・人間環境学を基礎に、相互連携を図り、それぞれの特定領域において優秀、かつ学際性を備えた研究者の育成、高度の専門職業人及び高度の教養人の育成を行う。

言語・文学専攻の教育研究上の目的や方針

主として日本・イギリス・アメリカ・フランスの言語・文学・文化に関する研究並びにそれに関連する教育科目から教育課程を構成し、各分野の専門性を尊重するとともに分野間の相互連携にも留意しつつ幅広い柔軟な視点から教授・研究を行う。

心理・教育学専攻の教育研究上の目的や方針

心理学・教育学・哲学を中心とする研究並びそれに関連する教育科目から教育課程を構成し、各分野の専門性を尊重するとともに分野間の相互連携にも留意しつつ幅広い柔軟な視点から教授・研究を行う。

社会・文化環境学専攻の教育研究上の目的や方針

社会学及びその隣接領域・地域文化・生活環境に関する研究並びにそれに関連する教育科目から教育課程を構成し、各分野の専門性を尊重するとともに分野間の相互連携にも留意しつつ幅広い柔軟な視点から教授・研究を行う。

ページトップへ

大学院看護学研究科

大学院看護学研究科の教育目的

生命の尊厳や人権の尊重について深く理解し、看護ケアを支える哲学的基盤を持って対象となる人々の生活の質の向上について探求し、豊かな人間性と倫理観を兼ね備えた質の高い自律(自立)した教育・研究者の育成を理念とする。また次の2点を教育目的とする。
1. 看護学を支える哲学的基盤を踏まえ、変化し続ける社会のニーズに対応できる力を培い、看護の教育・研究の進展に寄与する。
2. 看護実践を通して、看護の質を高めることができる専門看護師を育成し、地域住民の保健・医療・福祉の向上および推進に寄与する。

看護学専攻の教育研究上の目的や方針

人間への理解を深め人格陶冶を図るとともに、豊かな専門的学識に裏付けられた高度な教育能力・研究能力を培うことで、指導的立場に立って高等教育機関での看護学教育の質向上に貢献できる看護教育者及び先駆的な看護学の教育開発や研究の推進に寄与できる看護学研究者、看護管理者を養成する。教育・研究・看護実践の場において、グローバルな視点と科学的根拠をもって課題を探求し、柔軟な思考力と洞察力により自律(自立)的に課題を解決することができる人材を養成する。
これらの人材を社会に排出することで保健・医療分野における看護学の発展・改革に貢献し、看護系大学院としての責務を果たすことを目的とする。

大学案内

  • ごあいさつ・理念と歴史
  • 基本情報
    • 組織・教職員数・学生数
    • 財務状況
    • 土地・建物(面積)
    • 学則
    • 学部・学科・研究科及び専攻の教育目的等
    • 教員の養成の状況についての情報
    • 関連リンク
    • 相互連携協定を結ぶ医療機関
  • 取り組み

ページトップへ

SPECIAL CONTENTS

〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23