甲南女子大学|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

学部・大学院

教員詳細

一覧へ戻る

野添 匡史 准教授 (ノゾエ マサフミ)

プロフィール

研究室(場所) 1号館5階
Mail Address メールはこちら

専門分野

神経系理学療法学、内部障害理学療法学

保有学位

博士(保健学)

研究テーマ

脳卒中患者に対する新たなリハビリテーション手法の開発、呼吸理学療法手技が換気メカニクスに与える影響について

学会活動

日本理学療法士協会、日本呼吸器学会、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本私立医科大学理学療法研究会

社会活動

兵庫県理学療法士会学術編集部 部長、臨床理学療法研究 編集委員、理学療法ジャーナル 編集同人、呼吸ケアカンファレンス 実行委員

研究活動

  • 名称名称
  • 発表誌 / 学会・講演会名など発表誌 / 学会・講演会名など
  • 出版社・発行所 / 開催地・会場など出版社・発行所 / 開催地・会場など
種類 研究活動概要 刊行月・開催
【論文】
共著
  • Efficacy of neuromuscular electrical stimulation for preventing quadriceps muscle wasting in patients with moderate or severe acute stroke: A pilot study
  • NeuroRehabilitation
  • IOS press
2017年7月
【講演】
単独
  • 神経系疾患への電気刺激療法 神経系疾患への電気刺激療法~急性期脳卒中患者を中心に~
  • 第52回日本理学療法学術大会
  • 千葉
2017年5月
【講演】
単独
  • 呼吸器疾患に対する理学療法とリスク管理
  • 平成29年度兵庫県理学療法士会新人対象講習会 内部障害に対する理学療法とリスク管理
  • 神戸
2017年8月
【講演】
単独
  • 胸部の打診
  • 第14回呼吸ケアカンファレンス 理学療法実習1
  • 東京
2017年4月
【講演】
単独
  • フィジカルアセスメント
  • 日本理学療法士協会技術講習会
  • 大阪
2017年6月
【口頭発表】
共同
  • 神経筋電気刺激による筋萎縮予防効果が生じやすい急性期脳卒中患者の特徴
  • 第42回日本脳卒中学会学術集会
  • 大阪
2017年3月
【口頭発表】
共同
  • Effect of the self monitoring approach on physical activity in hospitalized patients with mild ischemic strokea randomized controlled trial
  • 第52回日本理学療法学術大会
  • 千葉
2017年5月
【口頭発表】
共同
  • 胸郭柔軟性改善のための呼吸理学療法手技の違いが胸郭コンプライアンスに与える影響
  • 第52回日本理学療法学術大会
  • 千葉
2017年5月
【口頭発表】
共同
  • 上肢を支持した前傾姿勢における肺・胸郭コンプライアンス及び圧量曲線について
  • 第52回日本理学療法学術大会
  • 千葉
2017年5月
直近1年分の研究活動を掲載しています。

学部・大学院

学部・学科
  • 文学部
  • 人間科学部
  • 看護リハビリテーション学部
  • 医療栄養学部
大学院
  • 人文科学総合研究科
  • 看護学研究科
大学院入試
  • 大学院入試概要
  • 大学院入試結果
教員・授業
  • 教員一覧
  • 授業・シラバス

ページトップへ

SPECIAL CONTENTS

〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23