教員詳細

一覧へ戻る

丸 光惠 教授 (マル ミツエ)

プロフィール

研究室(場所) 1号館7階
Mail Address メールはこちら
Office Hour 随時
出校曜日 出張等により不在となる場合もありますので、面談・大学院進学等の希望者は事前にメールにてアポイントをお願いいたします。

専門分野

国際看護開発学(国際的視点を持つ看護人材開発)、小児・思春期看護学

担当科目

国際看護学 国際保健学 看護研究方法論 基礎実習 総合実習 Bedside English 他

[大学院]
看護研究方法論 国際保健学 他

保有学位

看護学博士(アラバマ大学バーミンハム校 母子看護学)

研究テーマ

これまで慢性疾患をもつ子どもの成人期への移行の問題を中心に小児看護学の視点から取り組んできました。近年はその中でも思春期から若年成人期のがん患者・サバイバーに着目しています。教育研究としては、看護学生の多文化対応能力、英語力強化に取り組んでいます。

[研究費(主任研究者のみ)]
①科研 基盤研究(B) 思春期・若年成人がん患者・サバイバーへの医療・教育・就労支援に関する国際比較研究(2013-2015年)
②甲南女子大学中期計画事業 看護専門職英語運用能力強化プログラム整備(2015年-)

学会活動

日本思春期学会理事(小児期発症の慢性疾患患者の成人期移行支援検討委員会 委員長)
日本看護科学学会 国際交流委員会 委員
日本家族看護学会 研究促進委員会 委員
日本小児看護学会 広報委員会 委員

社会活動

専任査読者
Cancer Nursing 日本看護科学学会(和文・英文誌) 日本家族看護学会 日本小児保健学会 日本思春期学会 日本小児看護学会 等

小児がん中央機関(成育医療研究センター)アドバイゾリーボード 委員

福島県の児童養護施設の子どもの健康を守る会 共同代表

教育上の取り組み

地球市民の一人としての自覚をもち、どのような状況にある人々に対しても思いやりと優しさあふれる看護専門職育成に力を入れています。学生の動機を高め、知的好奇心を刺激する講義となるよう工夫をしています。
専門職英語関連科目では、英語を通して多文化を理解し、多様な文化的背景を持つ人々への看護について、米国人教員(文化人類学専攻)と共に教授します。来年度より学部4年間を通して専門職英語運用能力と多文化対応能力を育成する選択科目群を開発・担当します。

研究活動

  • 名称名称
  • 発表誌 / 学会・講演会名など発表誌 / 学会・講演会名など
  • 出版社・発行所 / 開催地・会場など出版社・発行所 / 開催地・会場など
種類 研究活動概要 刊行月・開催
【論文】
共著
  • Validating the Japanese Self-Directed Learning Readiness Scale for Nursing Education.(日本版看護教育における主体的学習準備性測定尺度の妥当性の検討)
  • Journal of Nursing Education, 55巻2号
【論文】
共著
  • Marriage and fertility in long?term survivors of childhood,adolescent and young adult (AYA) high?grade sarcoma(小児期発症の悪性肉腫の思春期・若年成人がん長期サバイバーの結婚および妊孕性の検討)
  • International Journal of Clinical Oncology DOI 10.1007/s 10147-016-0948-2 (ahead of print)
【論文】
共著
  • 思春期・青年期の患者のためのCKD診療ガイド
  • 日本腎臓学会誌(0385-2385)58巻8号
11月
【論文】
単著
  • 【がんサバイバーへの支援~今できるサポート/ケアとは~】 思春期若年成人期の看護
  • がん看護(1342-0569)21巻7号
【論文】
共著
  • 小児がん患者の母親の「働くこと」をめぐる課題
  • 保健の科学 58巻1号
【口頭発表・講演】
単独
  • 「思春期・若年成人がん患者・サバイバーへの医療・教育・就労支援」
  • 国際シンポジウム・思春期・若年成人がん患者・サバイバー支援研究会
  • 於 大阪市立総合医療センター
1月
【口頭発表・講演】
単独
  • 病からの再生を支える看護 思春期・若年成人がんサバイバーと医療者の語りを通して
  • 日本移植・再生医療看護学会
  • 於 ウィンク愛知
11月
【口頭発表・講演】
単独
  • AYA世代がん患者の意思決定支援 思春期若年成人がん患者への看護と諸外国の支援プログラム
  • 日本緩和ケア医療学会
  • 於 京都国際会館
6月
【口頭発表・講演】
共同
  • 小児期・思春期および若年成人期に発症した高悪性度の骨・軟部肉腫のサバイバーにおける結婚と子どもの有無とそれらのQOLへの影響
  • 日本整形外科学会
  • 於 パシフィコ横浜
5月
直近1年分の研究活動を掲載しています。

ページトップへ

お勧めコンテンツ

  • 大学案内
  • 学部・大学院
  • 入試情報
  • 図書館・施設
  • 学生生活
  • 就職・キャリア
  • 社会連携
  • 国際交流
学部・大学院
文学部
  • 日本語日本文化学科
  • 英語文化学科
  • 多文化コミュニケーション学科
  • メディア表現学科
人間科学部
  • 心理学科
  • 総合子ども学科
  • 文化社会学科
  • 生活環境学科
看護リハビリテーション学部
  • 看護学科
  • 理学療法学科
大学院 人文科学総合研究科
  • 言語・文学専攻
  • 心理・教育学専攻
  • 社会・文化環境学専攻
大学院 看護学研究科
  • 看護学専攻
  • 受験生の方へ
  • 在学生・学内の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保証人(保護者)の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・研究機関の方へ
  • イベントカレンダー
  • Active Mail
  • CampusSquare
  • 学内者専用
  • 求人検索NAVI
  • 学習支援システム
  • 教育情報の公表
  • 大学機関別認証評価
  • 教員の養成の状況
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ
  • 資料請求
〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23