4年間の学びのプロセス
1年 発見する力
専門科目は少なく、広く知識を得る授業が中心

  現代社会論、文化社会学基礎演習T・U、ジェンダー論
2年 理解する力
情報演習、専門科目の導入

   文化社会学概論、社会調査入門、文化社会学情報演習、
   ファッション・ビューティー論、エンタテイメント論、現代宗教論、
   都市社会論、ビジネス社会論、家族社会学、文化社会学T、
   マルチメディアの方法、フィールドワーク演習、マーケティング論など
3年 企画する力
ゼミに所属し10人程度でこれと決めた内容を徹底的に学ぶ
ゼミの内容は就職活動でもアピールできる
専門科目の展開


   文化社会学演習T・U、文化メディア論T・U、
   コミュニケーション論、理論社会学、現代宗教論、組織論、
   医療社会論、社会病理論、マネー論、現代風俗論
4年 表現する力
卒業研究と就職活動

  文化社会学演習V、卒業研究

こうした4年間の成長(キャリア・アップ)は、卒業後のあなた自身に
大きな自信と現代社会を生きていく力をつけるはずです。