カリキュラム
curriculum

HOME > カリキュラム > エアラインプログラム

エアラインプログラム

英語文化学科では、全日空グループとの連携を通してよりよい人材を育てることを目的としたプログラムを開講しています。キャビンアテンダントやグランドスタッフをめざす人はもちろんのこと、ホテルや観光業界など英語を活用できるホスピタリティ産業に携わりたい人にとっても、卒業後の可能性を大きく広げるプログラムです。

エアポート

はじめに

甲南女子大英語文化学科の学生にとって、キャビンアテンダントやグランドスタッフに代表されるエアラインの仕事は根強い人気があります。また実際これまでにも、多くの卒業生が航空業界への就職を果たしてきました。本学科では平成18年度よりエアライン英語のプログラムを開講するとともに、エアライン業界をターゲットにしたセミナー、卒業生や就職内定者との交流会などを企画し、学生の就職活動を支援してきました。
そんな英語文化学科のキャリアサポートを更に強力に進めることを目的に、平成21年4月から全日空グループとの提携関係に基づくエアラインプログラムをスタートしています。このプログラムでは全日空グループから現場経験のある講師を迎え、1年生から4年生まで全ての段階で受講できる授業を開講しています。また、全日空グループの多彩な企業と協力するインターンシッププログラムも行っています。
航空業界というと、どうしてもキャビンアテンダントなど表に出ている仕事に目が向きがちです。しかし一機の飛行機を飛ばす背後には、さまざまな人たちがさまざまな仕事をして、運行を支えています。このような仕組みを理解し、航空、ホスピタリティ業界全体に対する関心を高めてもらうことが、このプログラムの目的です。自分はキャビンアテンダントには向いてない、と思っている人にもぜひ参加してもらいたい、幅の広いプログラムです。

プログラムの紹介

エアラインプログラムは、英語文化学科に所属している人であれば誰でも登録できるキャリアサポートプログラムです。1年生で受講できる「ホスピタリティ入門」を入口として、英語、業界研究、実習、演習などを組み合わせています。授業外でも日常的に担当教員と話し合ったり資料を集めることができるように、ANAルームを学生に開放する他、空港施設見学会などの学外行事も実施しています。


プログラムの概要

  • ホスピタリティ入門(1年生〜)
  • エアラインサービス入門(2年生〜)
  • エアラインビジネス入門(2年生〜)
  • ホスピタリティスキルズ I, II(2年生〜)
  • 卒業研究(4年生)
  • ビジネスコミュニケーション I, II(1年生〜)
  • エアラインの英語(2年生〜)
  • TOEIC演習500 I, II/600 I, II(1年生〜)
  • 英語通訳演習 I, II(3年生〜)
  • 英語観光ガイド演習 I, II(2年生〜)
                      など


エアラインプログラムについてのお問い合わせは eibun@konan-wu.ac.jp まで

Aページトップに戻る