HOME > 地域健康支援科目群

地域健康支援科目群

2年次の「公衆衛生看護学概論」では、公衆衛生看護学の理念、目的、基本的な理論、活動方法、歴史的背景など、これからの公衆衛生看護について考える基礎的知識を学びます。引き続き「公衆衛生看護学活動論」において、対象別保健指導など公衆衛生看護活動の知識と方法を学びます。3年次では、より具体的な地域診断、活動計画作成、評価等の演習など、実践に必要な基礎的能力を習得し、4年次に、健康課題を解決するための知識、態度、技能や保健師に求められる看護管理の学びへと発展します。さらに4年次の公衆衛生看護学実習T・Uにおいては、地域の保健所、市町村保健センター、学校や産業保健の場における体験を通して、対象者への継続した保健指導や成長発達過程に応じた保健活動を学びます。
(小さい写真をクリックすると拡大表示されます)