管理栄養士。

栄養の力で救える生命がある。

栄養学部開設

maestro maestro maestro

医療に強いあしたの管理栄養士を育てます。

「食」は心身の健康を築く土台となるもの。
「食」をめぐる課題の解決には、「食べる力」=「生きる力」を育むことが重要だととらえ、国をあげて、生涯にわたる食育を推進。
一方で、適切な栄養管理によって治療できる疾患もあり、日本では今、管理栄養士が加わるチーム医療の動きが進んでいます。
健康を維持・増進させるとともに、あらゆる病気の予防と快復を促すための正しい知識と技術が、管理栄養士に強く求められています。
「食」の持つ力が解き明かされるにつれ、栄養と「食」から人々の暮らしを支える人材の養成が、
保健衛生、介護や福祉、食品開発など、幅広い分野で期待されています。
いずれの領域でも必須となるのが、医療に重点を置いた高度な栄養管理の知識と技術。
それらを育もうと、甲南女子大学の医療栄養学部は、2018年4月に誕生しました。
医療栄養の知識や技術を通じて人々の未来をより良くできる、「あしたの管理栄養士」を育てます。
movie
医療栄養学部の詳細はコチラ

FRONT RUNNER-最前線で活躍する栄養士

いま、さまざまな分野で求められている管理栄養士たちが、どんな働きを見せているのか。
管理栄養士たちが活躍する舞台の最前線をご紹介します。

COLUMN-“いのちのごはん”

健康の維持や疾患の予防などに不可欠な栄養。
さまざまな研究によって解き明かされつつあるナゾに迫ります。
コラム“栄養×学問”はコチラ

COLUMN-“いのちのごはん”

食はひとの“いのち”をつむぐ、大切な大切なもの。
管理栄養士たちが出会った、ひととごはんといのちのお話。
コラム“いのちのごはん”はコチラ