甲南女子大学|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

社会連携

NEWS生涯学習のニュース

【社会貢献課】2019年度学生プロジェクト応援基金(認定団体)について

  • 2019.06.05
  • お知らせ

審査会の様子

学生プロジェクト応援基金とは、本学学生が自主的に計画・実施する活動を支援する制度です。
資金面のサポートとして、本学教育後援会が活動費(一団体あたり上限10万円)を補助し、活動面においては社会貢献課がサポートを行います。
応援基金が支給される団体は、審査(書類およびプレゼンテーション)によって選考されます。

厳正なる審査の結果、2019年度学生プロジェクト応援基金 認定団体として、7団体が採択されました。
認定団体の今後の活躍にご注目ください。

 ◆採択団体(五十音順)
・I.B.J(イーベージェー)
絵本を集め、日本語からインドネシア語に翻訳し無償で孤児院や小学校に寄贈する為、活動の企画、翻訳作業に取り組む。インドネシアと日本の懸け橋になる団体を目指す。

・ENGLISH❤TIME(イングリッシュタイム)
英語力・コミュニケーション力を生かし、老若男女を問わず、全ての人を英語学習者としてサポートし、積極的な社会への参加と大学・自学科の良きアドバイザーとなり、周囲に魅力を伝える。

・N maps(エヌマップス)
行動する国際教養人になることを目標とし、5か国語を活用した外国人観光客への観光補助を昨年よりもグレードアップさせるために、オリジナルの観光マップの作成、フレーズ集作成等の活動を行う。また、この活動を役立てることができる企業との連携を図る。

・MP2(エム・ペー・ドゥア)
経済連携協定で来日するインドネシア人看護師・介護士候補生の方たちの国家試験合格を目指し、日本語学習支援および心のサポートを目的に活動を行う。

・Mラボ(エムラボ)
神戸新聞主催ビジネスコンテスト「Mラボ」にエントリーし、ゼミの専門性を活かしながら、最終発表に向け、より良いプレゼンテーションを行うため活動に取り組む。

・G-nak(ジーナック)
国際看護や災害看護を志す学生が、国際社会で活躍できる人材になる為、グローバルに考え、ローカルに活動することを理念のもと、日常時に持ち歩く救急セット「QQ BAG」の普及、国際協力、国産看護についてのサマーセミナーの開催を企画などの活動に取り組む。

・病気を持つ子どもと家族への支援団体
病気を持つ子どもたちの日々の頑張りを応援し、笑顔を届けるという目標のもと活動を行っている。6か所の活動現場のニーズに合わせ、学習支援や活動支援を行っている。
 
 
【担当窓口】
対外協力センター 社会貢献課

社会連携

  • 社会貢献
  • 生涯学習
    • 教員免許状更新講習
    • 教職支援課
    • 科目等履修生・聴講生
    • 大学院研究生
  • 研究活動

イベントカレンダー

7月

SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

イベントカレンダー一覧はこちら

ページトップへ

SPECIAL CONTENTS

〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23