研究機関内の責任体系及び窓口

「研究機関における不正行為」「研究費の不正使用」に関する責任体系及び窓口について

責任体系

(1) 最高管理責任者 = 学長

不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じる。また、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持って競争的資金等の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮する。

(2) 統括管理責任者 = 事務局長

統括管理責任者は、不正防止対策の組織横断的な体制を統括する責任者であり、基本方針に基づき、機関全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告する。

(3) コンプライアンス推進責任者兼研究倫理教育責任者= = 学部長

統括管理責任者の指示の下、

  1. 自己の管理監督又は指導する部局等における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。
  2. 不正防止を図るため、部局等内の競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督する。
  3. 自己の管理監督又は指導する部局等において、構成員が、適切に競争的資金等の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導する。
(4) 内部監査部門 = 内部監査室

最高責任者の直轄的な位置づけ、必要な権限を付与する。

(5) 防止計画推進部署 = 教育・研究支援課 (不正通報・相談窓口)

責任体系図

研究活動に関する本学の基本姿勢

  1. 様々な研究分野で活躍する本学の優秀な人材と研究成果は本学の財産であると考える。
  2. 教育や知識の提供等を通じて、得られた研究成果を積極的に社会に還元する。
  3. 研究活動や研究費の執行が適正に行われるよう法令や関係規則等を遵守する。
  4. これらを実現するため、研究者個人の力だけでなく、大学全体の力により支援する。

窓口

  1. 事務処理手続きに関する学内外からの相談を受付ける窓口を教育・研究支援課とする。
  2. 研究機関全体の観点から、不正防止計画の推進を担当する部署を教育・研究支援課とする。
  3. 競争的資金等の使用に関するルール等について、甲南女子大学内外からの相談・通報(告発)窓口は、教育・研究支援課とする。
  4. 担当窓口においては、不正に関する通報(告発)があった場合、直ちに最高責任者に伝えるものとする。

ページトップへ

お勧めコンテンツ

  • 大学案内
  • 学部・大学院
  • 入試情報
  • 図書館・施設
  • 学生生活
  • 就職・キャリア
  • 社会連携
  • 国際交流
学部・大学院
文学部
  • 日本語日本文化学科
  • 英語文化学科
  • 多文化コミュニケーション学科
  • メディア表現学科
人間科学部
  • 心理学科
  • 総合子ども学科
  • 文化社会学科
  • 生活環境学科
看護リハビリテーション学部
  • 看護学科
  • 理学療法学科
大学院 人文科学総合研究科
  • 言語・文学専攻
  • 心理・教育学専攻
  • 社会・文化環境学専攻
大学院 看護学研究科
  • 看護学専攻
  • 受験生の方へ
  • 在学生・学内の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保証人(保護者)の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・研究機関の方へ
  • イベントカレンダー
  • Active Mail
  • CampusSquare
  • 学内者専用
  • 求人検索NAVI
  • 学習支援システム
  • 教育情報の公表
  • 大学機関別認証評価
  • 教員の養成の状況
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ
  • 資料請求
〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23