甲南女子大学|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

社会連携

研究活動詳細

一覧へ戻る

理学療法学科

  • 名称名称
  • 発表誌 / 学会・講演会名など発表誌 / 学会・講演会名など
  • 出版社・発行所 / 開催地・会場など出版社・発行所 / 開催地・会場など
氏名・職名 種類 研究活動概要 刊行月・開催
伊藤 浩充
教授
【講演】
単独
  • 足関節の運動学と機能評価
  • 京都大学運動機能セミナー2018
  • 京都大学医学部人間健康科学科
9/16
川村 博文
教授
【論文】
共著
  • 疼痛管理のための物理療法
  • 理学療法ジャーナルVoL.52 No.7
  • 医学書院
2018年7月
【講演】
単独
  • 疼痛管理に必要な基礎知識
  • 日本理学療法士協会認定理学療法士必須研修会
  • 日本理学療法士協会
2018年7月
鈴木 順一
教授
【口頭発表】
共同
  • Effects of subliminal vibration on tactile perception discrimination thresholds.
  • ISEK2018
  • アイルランド・ダブリン
2018年7月
間瀬 教史
教授
【論文】
共著
  • Changes in ventilation mechanics during expiratory rib cage compression in healthy males.
  • J Phys Ther Sci. 2018 Jun;30(6):820-824
2018年6月
【論文】
共著
  • Safety and Feasibility of the 6-Minute Walk Test in Patients with Acute Stroke.
  • J Stroke Cerebrovasc Dis. 2018 Jun;27(6):1632-1638
2018年6月
【論文】
共著
  • Effect of accelerometer-based feedback on physical activity in hospitalized patients with ischemic stroke: a randomized controlled trial.
  • Clin Rehabil. 2018 Aug;32(8):1047-1056.
2018年8月
【論文】
共著
  • Quadriceps muscle thickness changes in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage during the acute phase.
  • Top Stroke Rehabil. 2018 Apr;25(3):209-213
2018年4月
【論文】
共著
  • 呼吸理学療法手技が胸郭、肺コンプライアンス、安静呼吸の呼吸仕事量に及ぼす影響について
  • 理学療法兵庫23号 Page44-45
2017年12月
【論文】
共著
  • 一般病棟における急性期脳卒中患者の離床時間及びリハビリテーション実施中の活動状況について(原著論文)
  • 甲南女子大学研究紀要(看護学・リハビリテーション学編)12号 Page23-27
2018年2月
八木 範彦
教授
【講演】
単独
  • (一社)兵庫県理学療法士会の歩み
  • (一社)兵庫県理学療法士会創立50周年記念式典
  • ANAクラウンプラザホテル神戸
2017年11月
川勝 邦浩
准教授
【論文】
共著
  • 健康イベントに参加した地域住民の運動頻度別にみた身体機能の特徴
  • 甲南女子大学研究紀要第12号 看護学・リハビリテーション学編
  • 甲南女子大学
2018年2月
【講演】
単独
  • 運動と介護予防 -生活機能改善を目標にした運動・転倒予防-
  • 地域包括ケアにおいて介護予防の推進に資する人材育成のための研修
  • 公益社団法人兵庫県柔道整復師会
2017年12月
【パネルディスカッション】
共同
  • 介護予防における地域連携
  • 地域包括ケアにおいて介護予防の推進に資する人材育成のための研修
  • 公益社団法人兵庫県柔道整復師会
2017年12月
【講演】
単独
  • ROM-T・MMTの原理と実技
  • スポーツ科学講習会
  • 公益社団法人兵庫県柔道整復師会
2018年3月
山本 綾子
准教授
【講演】
単独
  • 骨盤底筋訓練
  • 平成29年度下部尿路機能障害ケア研修会 骨盤底筋トレーニング
  • 神戸大学神緑会館
2018年3月
【講演】
単独
  • 女性に対する理学療法 ~医師との連携 根拠に基づいた理学療法~女性の健康に対して理学療法士に求められること
  • 第7回 WiTHs Women's Health Professional Seminar
  • 神戸
2018年 3月
【講演】
単独
  • ウィメンズヘルスと理学療法
  • 第53回日本理学療法学術研修大会
  • 茨城県立保健大学 土浦
2018年 5月
【講演】
単独
  • 日本のウィメンズヘルス領域の理学療法の現状と展望
  • 産科領域における理学療法を考える会 ~PTO~
  • 東京 杏林大学
2018年5月
【講演】
単独
  • 快適な生活のためにからだを鍛える~骨盤底筋、姿勢、バランス~
  • 第20回日本母性看護学術集会
  • 埼玉県立大学 埼玉
2018年6月
【論文】
共著
  • Women's Health Careと理学療法周産期および産褥期の腰背部・骨盤帯痛と理学療法
  • 理学療法34巻12号
  • メディカルプレス
2017年12月
【著書】
共著
  • 尿失禁に対するバイオフィードバック療法
  • リハスタッフのための排泄リハビリテーション実践アプローチ
  • メジカルビュー
2018年2月
高嶋 幸恵
講師
【資料】
共同
  • 健康イベントに参加した地域住民の運動頻度別にみた身体機能の特徴
  • 甲南女子大学研究紀要第12 号看護学・リハビリテーション学編
  • 甲南女子大学
2018 年2 月
【口頭発表】
共同
  • 側臥位の換気力学的変化について~背臥位との比較~
  • 第2回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法合同学術大会
  • 横浜パシフィコ
2018年7月
【口頭発表】
共同
  • 姿勢の違いによる胸郭圧量曲線の特徴について
  • 第2回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法合同学術大会
  • 横浜パシフィコ
2018年7月
竹内 さをり
講師
【著書】
共著
  • 地域リハビリテーション学テキスト 改定第3版
  • 南江堂
2018年1月
三栖 翔吾
助教
【著書】
共著
  • メディカルスタッフのためのひと目で選ぶ統計手法
  • 編集:山田 実
  • 羊土社
2018年6月
【論文】
共著
  • Acute phase nutritional screening tool associated with functional outcomes of hip fracture patients: A longitudinal study to compare MNA-SF, MUST, NRS-2002 and GNRI.
  • Clinical Nutrition
2018年2月
【論文】
共著
  • Relationship between the intention-behavior gap and self-efficacy for physical activity during childhood
  • J Child Health Care
2018年5月
【論文】
共著
  • Association of fall history with the Timed Up and Go test score and the dual task cost: A cross-sectional study among independent community-dwelling older adults
  • Geriatr Gerontol Int
2018年8月
【論文】
共著
  • Inadequate postoperative energy intake relative to total energy requirements diminishes acute phase functional recovery from hip fracture
  • Arch Phys Med Rehabil
2018年8月
【論文】
共著
  • Exercise-induced oxygen desaturation as a predictive factor for decline in 6-min walk distance in patients with chronic obstructive pulmonary disease
  • Respir Care
印刷中
【口頭発表】
共同
  • 地域在住高齢者における歩行機能評価のための加速度波形由来の指標を用いた多面的歩行スコアの開発
  • 第5回日本予防理学療法学術大会
  • 北九州国際会議場
2018年10月
壬生 彰
助教
【ポスター発表】
共同
  • 触覚識別課題によりアロディニアの改善を認めたCRPS症例
  • 第10回日本運動器疼痛学会
  • コラッセふくしま(福島県)
2017年12月
【論文】
単著
  • 症例報告の書き方
  • 理学療法兵庫 第23号
  • (一社)兵庫県理学療法士会
2017年12月
【論文】
共著
  • Validation of the Japanese version of the Central Sensitization Inventory in patients with musculoskeletal disorders.
  • Plos One. 2017 Dec 7;12(12):e0188719
  • Public Library of Science
2017年12月
【論文】
共著
  • Validation of the Japanese Version of the Fremantle Back Awareness Questionnaire in Patients with Low Back Pain.
  • Pain Practice. 2018 Feb;18(2):170-179
  • The World Institute of Pain
2018年2月
【論文】
共著
  • Development and psychometric properties of short form of central sensitization inventory in participants with musculoskeletal pain: A cross-sectional study.
  • PLoS One. 2018 Jul 5;13(7):e0200152.
  • Public Library of Science
2018年7月
【論文】
共著
  • Validation of the Japanese version of the life satisfaction checklist (LiSat-11) in patients with low back pain: A cross-sectional study.
  • J Orthop Sci. 2018 Jul 31. pii: S0949-2658(18)30175-1.
  • The Japanese Orthopaedic Association
2018年7月
【ポスター発表】
共同
  • Do patients with complex regional pain syndrome actually perform motor imagery during a hand laterality judgment task?
  • The 17th World Congress on Pain
  • Boston convention and exhibition center
2018年9月
【ポスター発表】
共同
  • Can the Central Sensitization Inventory predict poor outcome for patients with musculoskeletal disorders in a primary care setting?
  • The 17th World Congress on Pain
  • Boston convention and exhibition center
2018年9月
【ポスター発表】
共同
  • Factors associated with persistent pain following breast cancer survivors:investigation by multidimensional evaluation including central sensitization
  • The 17th World Congress on Pain
  • Boston convention and exhibition center
2018年9月
【講演】
単独
  • 地域医療におけるペインリハビリテーション
  • 第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会
  • 九州大学医学部 百年講堂
2018年9月
【講演】
単独
  • ペインクリニックにおける理学療法士の役割
  • 平成30年度 厚生労働省 慢性疼痛診療体制構築モデル事業 理学療法士・作業療法士合同研修会
  • CIVI研修センター 新大阪東(大阪府)
2018年10月
直近1年分の研究活動を掲載しています。

社会連携

  • 社会貢献
  • 生涯学習
  • 研究活動
    • 研究活動について
      • 研究活動一覧
      • 研究活動一覧(過年度分)
      • 研究機関内の責任体系及び窓口
    • 国際子ども学研究センター
    • 動物実験についての取り組み

ページトップへ

SPECIAL CONTENTS

〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23