お知らせ

トップ > 奈良支部からのお知らせ

  • 清友会本部
  • 東京支部
  • 静岡支部
  • 名古屋支部
  • 京都支部
  • 奈良支部
  • 山陽支部
  • 四国支部
  • 九州支部
  • 国内その他
  • 海外

支部長あいさつ

本年度、支部長は井上典子(高校28回・大人関2回)、副支部長は西田由美子(高校28回)、村田温子(大国24回・院修国3回・博後国9回)、会計は原田真奈美(大国20回)が務めさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
幹事の皆様のご尽力のもと、会員の皆様方と少しでも楽しい時間を共有できればと考えております。

奈良支部からのお知らせ

2019/2/18

平成30年11月30日(金)、薬師寺まほろば会館において開催いたしました。
大学より教務部長 森由紀先生、中高より校長 岡田明先生、清友会より会長、副会長をお迎えし、常任委員お2人も含め、総勢39名の会員の参加がありました。
薬師寺長老 安田暎胤様より御講話をいただきました。
講演は、奈良県立図書情報館館長 千田稔先生に「光明皇后」と題し、聖武天皇と光明皇后の仲むつまじさ、そして、その中にある光明皇后の聡明さ、力強さをお話し頂きました。
最後に、薬師寺を拝観させて頂き、ご案内の担当の方のご説明に感じ入り、また違った薬師寺を体験させて頂き解散となりました。
今年も秋に総会を予定しております。奈良県内外を問わず会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。


2018/7/12

梅雨入りの声が聞こえて参りました5月29日(火)、奈良の伝統工芸である奈良団扇の製作体験を奈良町近くの奈良市なら工芸館にて行いました。
奈良団扇を代々作り、6代目となられます池田含香堂、池田匡志先生に、ご指導頂きました。
カッターを使っての少し細かい作業となりましたが、先生の丁寧なご指導のもと、皆様、頑張って製作に励んでくださいましたので、時間内に綺麗にでき上がりました。
昼食は、すぐ近くの奈良町あしびの郷に、移動しました。
皆様、お話もはずんで賑やかなランチタイムとなりました。

今年は11月30日(金)に、支部総会を予定しております。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。


2018/1/18

第17回奈良支部総会は11月18日(土)登大路ホテルにおいて開催いたしました。
学園より大森副学長、後田副校長、清友会より会長、副会長をお迎えし総勢37名の会員の参加がありました。
古橋郷平氏のミニコンサートでは高らかに響きわたるテノールに会場全体が酔いしれました。河合摂子氏のピアノソロでは柔らかさや迫力ある生演奏で心洗われる時間を過ごせました。
一足早い冬の訪れの日でしたが、ダイニングルームはとても暖かで楽しい支部総会となりました。


2017/7/12

本年度は絽ざしを刺して小物に仕上げるということで、4月15日と5月20日の2回東大寺二月堂北参籠所にて教室日を設けました。
綾美乃会の野原綾乃先生(短国2回)の御指導で16名の参加者がありました。
図案も野原先生のオリジナルで亀甲・小鳥・お花の3種類をご用意願いました。刺繍はそれぞれポーチ・ペンケース・パースとお好みの小物に仕上げました。
今年は桜の時期が遅く、1日目は二月堂の桜吹雪のなか縁側で奈良市内を望みながら刺繍をはじめました。2日目は新緑の木漏れ日が心地よい日でした。刺繍の大きさが少し大きい方々は最後の仕上げに時間がかかりましたが、皆様初めてとは思えないほどの綺麗な作品に仕上げられました。また、毎年清友会奈良支部を快く迎えてくださる東大寺の御好意に謹んで感謝申し上げます。


2016/12/15

秋晴れの11月5日(土)、「一日教室」を東大寺にて開催いたしました。
27名の参加があり、本坊で「写仏」を致しました。北側玄関から長い迷路のような廊下を進み行くところに写経場がありました。墨をすり、絵具を溶くと心が洗われ、時間が止まったような清々しいひとときを過ごせました。
その後、昼食は木々の色づき始めた境内を移動して華厳寮でいただきました。和やかな会食の後、来年の講師をお願いしている絽ざし作家の野原綾乃様(短国2回)の懐紙入れなどの小品を拝見させていただきました。初めてのご参加の方々も打ちとけて、とてもにぎやかなコーヒータイムになりました。どうぞお一人でもご心配なくご参加くださいませ。
29年度は春に「絽ざし教室」二回、秋に支部総会を予定しております。


2016/7/15

第16回奈良支部総会を平成28年6月4日(土)オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井において開催いたしました。
学園より大森敏江副学長先生、岡田明校長先生、清友会より会長、副会長2名を来賓にお迎えいたしました。会員56名の参加で昼食後には大阪大学教授の永田靖先生に「20世紀の演劇と世界」と題してご講演願いました。ミュージカルのグローバリゼーションのお話では劇団四季の「ライオンキング」「李香欄」など皆様御存じの演目を例に挙げられ、平田オリザの「ソウル1919」に至るまで幅広い演劇について触れる機会が持てました。とてもわかりやすいお話だったので、私たちの観劇する場合の多くの参考となりました。
心配していた雨にも降られずテラスからの眺めもよく、皆様ひらまつのお料理に満足していただけたご様子で、小高い丘から帰路についていただく楽しい一日となりました。

ページの先頭へ