甲南女子大学|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

看護リハビリテーション学部 看護学科

学科の特徴

学びの特色

  1. 多領域を学べるカリキュラムで、
    あらゆるニーズに対応する実践力を養う

    看護師・保健師・助産師・養護教諭の中から、複数の資格・免許の取得をめざせる環境です。多領域にわたる講義や演習、実習施設・実習指導者との協力体制による実践力強化を図った臨地実習を行っています。加えて、多職種連携科目など幅広い専門領域の学習を通して、対象者とそのご家族のニーズに応える「看護実践力」を養成します。

  2. 充実したサポート体制で、
    学生生活から就職活動まで支える

    卒業時まで少人数の学生ごとに複数の担当教員が受け持つ「アドバイザー制度」を採用。学習や学生生活全般の相談に応じ、学生の目標達成を支援します。また、低学年から長期的な学習計画を立て国家試験対策を実施。模擬試験後は解説講座や集中セミナー、成績に応じた補講、個別面談などさまざまなサポートで学生の充実した学びを応援します。

  3. 最新の医療設備が整う学びの環境で
    現場で生きる看護者を育成します

    最新の生体シミュレーターを導入しており、臨地実習外でも実践的な学習が可能。現場に近い環境での練習を通して、即戦力となり得る人材を育成します。シミュレーション教育は、カリキュラムに効果的に組み込んでいるため、着実に力をつけることができます。ほかにも、多様な看護の場に応じた学びを支えるさまざまな実習室や最新の医療機器を整備しています。

カリキュラムポリシー抜粋

  • 人間を尊重する態度と創造的ケアの実現
  • ライフサイクルを踏まえた人間理解
  • 科学的根拠に基づいた看護実践
  • 人間関係を培うコミュニケーション
  • 国際・情報社会に対応できるグローバルな観点
  • 多職種連携における専門職の理解
  • 倫理的態度を基にした自律的学習

TOPICS

希望の進路を実現するため、
1年目からキャリアデザインをスタート

1年ごとに自身のキャリアプランを考えるシートを作成。自分の目標、強みや弱み、課題を見つめながら、学習に臨めます。また、就職活動時には医療施設の担当者を招いて合同説明会を開催。めざす進路の実現を全面的にサポートしています。

卒業生との深い絆が、
在学生の学習を支える

多くの卒業生が医療機関で活躍しており、在学生の実習先で指導を担当することも。卒業生のホームカミングデイにあわせて行う交流会や就職説明会などでは、卒業生への質問の機会を用意。本学科で培ったつながりが、在学中から卒業後に至るまでの看護の学びとキャリアを支えます。

特徴的な学び

多様な学びを積み重ね、
あらゆる現場で活用できる力を育む

多領域の知識と技術の学びを積み重ね、医療・保健・教育・福祉の現場で活躍することができる多角的な視点を持った医療人を育成。さまざまな現場で柔軟に考えられる力を身につけます。

シミュレーション教育を通じて、
「質の高いケア」を提供できる医療人を育成

生体シミュレーターを用いて実践的な看護場面のトレーニングを行っています。また、臨床現場を再現することで臨地実習の振り返りや、各場面の対応についてのディスカッションが可能。適切なケアを学び、質の高い看護をめざします。

臨地実習前のマナー講座で
生涯役立つスキルを習得

実習前に開かれるマナー講座では、挨拶や身だしなみ、対象者や実習指導者とのコミュニケーションの取り方、実習に対する心構えなどについてきめ細やかに指導。講義や実技を通して、医療現場でチームワークを発揮するための基礎的な能力を育成します。習得したマナーを実践することで、実習にも自信を持って臨めます。

教員や先輩の手厚いサポートで
国家試験の準備も安心

低学年から長期的な学習計画を立て、少人数クラスで丁寧な国家試験対策を実施。模擬試験後は解説講座や集中セミナー、成績に応じた補講などのサポートを行っています。また、夏に開かれる交流会では、卒業生への学習相談が可能。取得をめざす資格ごとに適切な学習の進め方を教わることができます。

語学力や国際感覚を身につけ、
多文化対応力を備えた看護者へ

甲南女子大学が独自で開発した教科書とオンライン学習システムによって、世界の医療現場で役立つ看護専門職英語を学習します。また、海外の看護学生と交流ができる研修があり、それぞれの地域の特色を生かしたプログラムで学ぶことができます。(実施有無や内容は変更になる可能性があります。)

海外研修費用を支給

看護学科では、看護グローバル型選抜(専願・併願)《海外研修スカラシップ付き》の合格者を対象に、所定の選考基準を満たしている場合、海外研修費用を支給します。詳細はコチラ

卒業生が活躍する医療機関で臨地実習に取り組む

実習施設は兵庫・大阪の医療機関が中心。看護学科の卒業生が指導を担当することもあります。実習には専任教員が同行します。

主な実習先

  • 甲南医療センター
  • 六甲アイランド甲南病院
  • 兵庫県立病院
  • 関西電力病院
  • 淀川キリスト教病院
  • 神戸大学医学部附属病院
  • 日本生命病院
  • 松下記念病院
  • 済生会中津病院
  • 神戸赤十字病院
  • 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 神戸神鋼記念病院
  • 大阪市立総合医療センター
  • 大阪赤十字病院
  • JCHO大阪病院・神戸中央病院
  • 訪問看護ステーション
  • 助産所
  • 保健センター
  • デイサービス・デイケア
  • 介護老人保健施設
  • 地域包括支援センター
  • 小中学校 など

注目の授業

看護学原論

看護の哲学的な価値や歴史について学習。「看護とは何か」を探究することで、4年間の学びの土台となる看護学への興味・関心を養います。

基盤実践看護学演習Ⅰ・Ⅱ

看護技術の基盤となる「感染予防」と「ボディメカニクス」を学び、対象者をサポートするための看護実践力を身につけます。

臨床実践看護学演習Ⅰ

臨床実践看護学演習Ⅰ

さまざまな年齢や状況の対象者を想定し、診療の補助や生活援助技術を学習。医療現場で役立つ実践的な力を育みます。

キャリアデザインⅠ

キャリアデザインⅠ

具体的な実例をもとに対象者とその家族、医療者の立場に立ち、医療における倫理的問題解決に向けたアプローチを検討。グループワークを通して自己の考えを深め、看護職として意思決定の過程で必要となる倫理的視点を習得します。

看護倫理

看護倫理

対象者に適切なケアを提供するため、実習での体験を生かして疾患や症状の正確な観察と適切な対応を学びます。

ページトップへ

SPECIAL CONTENTS

〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23