甲南女子大学|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

看護リハビリテーション学部 理学療法学科

学科の特徴

学びの特色

  1. 兵庫県・大阪府を中心とした
    医療機関の実習施設で
    スキルを磨く

    経験豊富な教員が一人ひとりの学生の個性や適性を理解し、学習を支援します。連携医療機関をはじめとする実習施設では大勢の卒業生が活躍しており、在学生の実習指導を担当することもあります。将来の目標に向けて実践的なスキルを習得することができます。

  2. 看護学科・医療栄養学科
    などとの合同演習で
    チーム医療を実践

    看護学科、医療栄養学科に加えて、神戸薬科大学と連携して合同授業を実施。多職種が連携を図り、それぞれの分野の知見を生かして患者さんに最適な治療方法を実践する「チーム医療」について学習します。授業内で他学科の学生と話しあうことで、医療現場で役立つコミュニケーション能力を培います。

  3. スポーツ、ウィメンズヘルス
    分野の各種フィールドと連携し、
    研修会やイベントを開催

    スポーツ・ウィメンズヘルスの分野では、学内での講義・演習に加え、スポーツチームやスポーツ大会で理学療法士が活躍するフィールドと連携し、学生が見学・補助を経験できる体制を整えています。また、学内での研修会やイベントも企画しています。

カリキュラムポリシー抜粋

  • 1年次・2年次では「基礎ゼミ」、4年次では「卒業研究」と「理学療法総合演習」といった少人数制によるきめ細やかな教育体制
  • 講義と実技実習を交互に配置し、幅広い視点を身につけると共にチーム医療の中で働く専門職としての認識を育むために看護学科との講義も開講
  • 知識・技能・態度を評価するために臨床実習前は客観的臨床能力試験を実施し、臨床実習後では卒業試験を課し、清潔さ、誠実さ、忍耐力をも確認する体制
  • 医療・医学分野における専門知識と臨床能力を段階的に学び、幅広い教養を修得し、心理面を含めて人を総合的に把握できる理学療法士を養成

TOPICS

学生の自主的な学びを支える
手厚いサポート

  • 各分野に精通した多彩な教授陣が学習をサポート

「医療」、「福祉・行政」、「スポーツ・健康」、「ウィメンズヘルス」など、理学療法に関する幅広い学びを展開。さまざまな領域の知見を持つ教員から学ぶことで、仕事の現場で役立つ多角的な視点が得られます。


  • 1年次からはじまるゼミで学びの基礎を築く

講義や演習で理学療法の基礎知識を習得する一方、教員が受け持つ少人数制のゼミで、学習の進め方などを習得。発表の機会も多く、自らの学びを振り返って他者に伝える方法を模索するなかで、理解を深めることができます。


理学療法学科の入試制度
「総合型選抜」

試験によって合否を決定する一般選抜ではなく、各学科が求める学生像(アドミッション・ポリシー)をもとに志望学科での学びの適性を判断し、合否を決定する「総合型選抜」。慎重に適性を見極めるため、総合型選抜のためのセミナーや予備面接、体験授業などを実施し、学生の意欲や能力、これまでの成績などを多面的に検討します。スポーツ分野や、女性の健康を支えるウィメンズヘルス分野などを学ぶ意欲を持った学生を評価。多様な試験を通じて、これらの理学療法分野に挑む学生を積極的に迎え入れています。

特徴的な学び

女子大学だからこそ学べる
女性のための理学療法

女子学生同士で気がねなく行える演習や、ウィメンズヘルスに詳しい女性教員による技術指導などは、女子大学という学習環境が持つ強みです。社会的な立場や生活環境の変化をふまえ、女性の一生の健康を考える中で、「女性のための理学療法」を学ぶことができます。

アスリートの活躍を支える
スポーツ分野の学び

さまざまな身体運動を行うアスリートのトレーニングや治療も、理学療法士の仕事の一つです。理学療法学科には、アスレチックリハビリテーション(けがなどで障害を負ったアスリートのためのリハビリテーション)に精通する教員が在籍しており、実践的な学びが得られます。

国際感覚を身につける
海外研修や特別講義

海外研修では、現地で行われる語学レッスンや英語での研修、施設見学、ウィメンズヘルスの講義などを行っています。また、大学内でも国際交流の講義を実施。国内外での学びを通して国際感覚や語学力を身につけ、幅広いフィールドで活躍できる理学療法士を育成します。

女性の体に着目してきめ細やかな
サポートを実施「ウィメンズヘルス」

甲南女子大学の理学療法学科では、女子大学としてウィメンズヘルスにいち早く着目。3年次には、「ウィメンズヘルス」が必修授業となっています。学習を通して、女性特有の体の構造と役割、性差などについて理解し、女性ならではの視点と高い専門性を培います。

本学独自の実習サポートシステム

本学独自の支援体制
3者連携で充実した実習環境を

複数の臨床実習強化施設と提携し、実習指導環境の充実に努めています。また、実習期間中は学生1名に対し、実習担当教員と病院スタッフが連携を取り指導にあたっています。学生の実習経験はチェックシートを活用し、実習施設間の情報共有を行っています。

主な実習先

  • 甲南医療センター
  • 六甲アイランド甲南病院
  • 甲南加古川病院
  • 伊丹恒生脳神経外科病院
  • 医療法人曉会田辺整形外科
  • JR大阪鉄道病院
  • 明石市立市民病院
  • 大西脳神経外科病院
  • 姫路医療センター
  • 関西労災病院
  • 西宮市立こども未来センター
  • 神戸リハビリテーション病院
  • 神戸大学医学部附属病院
  • 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 兵庫県立リハビリテーション中央病院
  • 三田市民病院
  • 加古川西市民病院
  • 兵庫県立リハビリテーション西播磨病院
  • 兵庫県立尼崎総合医療センター
  • 千里リハビリテーション病院
  • 市立池田病院
  • 大阪府済生会中津病院
  • 松下記念病院
  • 大阪医科大学附属病院
  • 島田病院 ほか

注目の授業

基礎ゼミⅠ・Ⅱ

基礎ゼミⅠ・Ⅱ

少人数ゼミで4年間の学びの基盤となる勉強方法や図書館の効率的な利用法について学びます。

理学療法評価学演習

理学療法評価学演習

治療対象者が持つ障害を検査し、一人ひとりの問題点を抽出。適切な治療方法を探ります。

理学療法計画論Ⅰ・Ⅱ

理学療法計画論Ⅰ・Ⅱ

実際の患者さんと向き合い、知識を生かして症例の評価を行います。

ウィメンズヘルス

ウィメンズヘルス

女性のライフステージを理解し、健康問題について学習。女性の特徴を考慮した理学療法を習得します。

理学療法総合演習

理学療法総合演習

理学療法士資格取得に向け、過去の試験問題を解説。問題に取り組む中で4年次までの知識を整理し、体系的に理解します。学内での模擬試験も実施します。

ページトップへ

SPECIAL CONTENTS

〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23